おまとめローン

レイクのカードローンが総量規制対象外になった理由

レイアウト用ダミー

レイクのカードローンが総量規制対象外になった理由

2010年、改正貸金業法の施行により総量規制という新たな法律が生まれました。 それは利用者の年収3分の1以上の貸付けを行ってはいけないという法律であり、その法律が適用されるのは銀行以外の貸金業者が貸主だった場合に限ります。 よって貸主が銀行であった場合は、利用者の年収の3分の1以上であっても追加の借金が可能になるというしくみでした。

そして2012年、中堅消費者金融会社のレイクが10月1日より新生銀行の傘下で消費者金融事業の展開を始めたのを皮切りに レイクでの借入は総量規制の対象外となりました。

これまでのレイクは新生銀行グループである新生フィナンシャルが運営しており改正貸金業法下で事業を行っていましたが、 銀行傘下になる事で銀行業法下での事業展開となったのです。

従来レイクは2種類の初回無利息キャンペーンを前面に打ち出しており、そのメリットが集客アップにも繋がっていました。 1つ目は5万円までの借入なら180日間無利息となり、2つ目は借入額全額30日間無利息になるキャンペーンです。

皆さんも1度はテレビCMやインターネットなどでも目にしたことがあるのではないでしょうか。 キャンペーンの効果もあり、長期のカードローン利用者が増えていくことが見込まれています。

申込方法の多様化も世代を問わず支持されているようです。 来店不要で24時間申込み可能であり、パソコンやスマホで会員ページにログインできるなどの便利な機能も人気の一つと言えるのかもしれませんね。

レイクでのカードローン利用の際、借入額5万円までなら180日間の無利息が適用になりますが、それ以上の契約の場合は30日間は無利息で借りれます。 カードローン初回申し込みのみのキャンペーンとは言え、無利息の借入れは非常にお得です。 最初に借入する際はこのサービスを上手く活用するのがオススメです。

どちらのサービスを選べばよいか分からない場合も安心です。 レイクのサイトでどちらが得になるかのシミュレーションを簡単に行うことができそれに合わせたプランが提示されます。

また、初回借入申込後はその日のうちにキャッシングすることも可能ですので、即金が必要な方でも利用しやすい消費者金融とカードローンではないでしょうか。

レイアウト用ダミー